読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

頭が悪そうに見える文章

「頭の悪さ」が文章からにじみ出ている文章をたまに見るような気がする。この「頭の悪さ」が何なのかを捉えきれていないので、どうしても抽象的な言い方になってしまうが、論理的な正しさや内容の正しさとは全く別次元の話で、果たしてこの人はまともな文章を書けるのだろうか……と思うことがある。

不思議な事にこれは Twitter の短いツイートから感じ取れることもある。普段から頭の悪そうなツイートをしている人の長文を読んでみると、内容の理解以前に構造がぐしゃぐしゃになっていて、何も伝わってこない、ということがあって面白い(ことがある)。もちろん Twitter なんてたったの 140 字しか書けないし、多くの人はおおよそ文法的に正しいと呼べる文章を投稿していないと思うが(これは句読点の付け方も含む)、それでも「頭の悪そうな」文章は浮かび上がって見えるからなんとなく不思議だ(もちろん、自分が一度「頭が悪そう」と認定してしまったユーザーのツイートを強いバイアスをかけて読んでいる可能性は否めない)。

自分だって意味不明なツイートを書き散らかしてばかりいるし、偉そうなことは全く言えないのだが、なんとなく気持ちをわかってくれると嬉しいです。

追記