読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windows でテレビを視聴するための用語集

書きかけ

この間 PX-W3U3V2.0 を買って、それなりにテレビを見れるようにいろいろ調べたので(歴史的背景を省いた)用語集メモ。環境をセットアップする手順ではないので、さっさと見たい人の役には立ちません。

基本用語

TS

MPEG-2 Transport Stream の略。放送波に乗っている MPEG-2 の映像そのもののストリーム。Windows Media PlayerVLC Media Player で再生できる (Windows Media Player はストリームをダンプした .ts ファイルしか開けない (気がする) が、VLC では (UDPで配信される) TS ストリームを開ける) 。

スクランブル

B25 なんとかかんとか

ドライバ類

ドライバ

チューナーのデバイスドライバ。少なくとも Windows 用のものはチューナーの製造元から提供されている場合がほとんど。PT3 に関しては Linux 用のドライバが製造元から提供されているだけでなく、Linux 3.18 からカーネルに組み込まれている。

BonDriver

名前こそ Driver だが、デバイスドライバではなく、デバイスドライバとアプリケーションの橋渡しをするDLL。デバイスドライバの種類の数だけ BonDriver も存在するので、自分の使っているチューナーに対応した*1 BonDriver を手に入れる必要がある。

後述する視聴用のソフトウェアはこの BonDriver を「開き」、TS のストリームやチャンネルの変更(チューン)を求める。基本的には 1 チューナーごとに 1 BonDriver が対応し、また、1つの BonDriver は同時に1つのアプリケーションからしか開けない(ロックされる*2)。

BonDriverの設定は "(BonDriverのファイル名).ini" に記述するようになっているものが多い。ものによってはドライバのレベルで(?) スクランブルを解除できる*3ものもあるが、そのような機能の ON/OFF も .ini ファイルで指定する。

例外として、BonDriver_UDP.dll のように、デバイスドライバを開くのではなく、ネットワーク等から流れてくる TS ストリームを流すだけのものも存在する。(BonDriver_UDP.dll の場合)チャンネルの変更機能は提供されないので、接続先の TS を流してくれるソフトウェア側で(本物のデバイスドライバを開いている BonDriver に)チャンネルの変更を要求する必要がある。

他にも、Spinel や BonDriverProxy のように BonDriver をネットワークを介して共有できるツールも存在する(前述の UDP のものと違い、チャンネルの変更を含めて、実 BonDriver の全機能を共有できる)。

Spinel / BonDriverProxy

上述した通り、BonDriver をネットワークを介して共有するための C/S ツール。実際にチューナーが接続されているデバイスを BonDriver サーバーにして、ノートパソコンから BonDriver に接続する、といった構成が実現可能になる(実際にはクライアント側の視聴アプリケーションでは BonDriver サーバーに接続するための仮想 BonDriver を読む形になる)。

アプリケーション

TVTest

Windows でおそらく最も使われてあるであろうテレビの視聴用ソフトウェア。前述の BonDriver を開きうんぬんかんぬん。

EpgDataCap_Bon (EDCB)

その他

TVRock

できること

ソフトウェア BonDriver を開ける BonDriver を共有できる TS ファイルを開ける TS を配信できる
TVTest × ×(プラグインがあれば○) ×
EDCB × ×
Spinel × ×
BonDriverProxy × ×
VLC × × ×

*1:使用するデバイスドライバを扱える、ということ

*2:正確には視聴用のアプリケーションが BonDriver のロックを獲得するのではなく、チューナーのロックをBonDriverが獲得する仕組みになっていると思う、が、結果的には同じことである

*3:PX-W3U3 がそう